占い、スピリチュアル、開運情報総合サイト|ファンなび

NASAの資金研究:産業文明は崩壊に向かっている?

 

ガーディアンより
NASAの資金研究:産業文明は崩壊に向かっている?

 

               写真はこちらから

 

 
NASAのゴダード宇宙飛行センターによる新しい研究では、世界的な産業文明は、持続不可能な資源開発、ますます不平等な富の分配のために今後数十年で崩壊する可能性が見通しを強調しているそうだ。

 

研究チームは、建設と崩壊を繰り返すサイクルを歴史の中から見つけ出し、より説得力のあるデータを発表した。

 

研究プロジェクトは、アメリカ国立科学財団が支援している応用数学者サファ・モテシャリ率いる自然・社会科学者が行ったもの。研究は、「Human And Nature DYnamical 」(HANDY)モデルに基づいてり、結果は論文審査のある理系の学術専門誌「Ecological Economics」に掲載されている。

 

現代文明の持続可能性についての質問を上げ、先進的な歴史的な記録によると、複雑な文明が崩壊の影響を受けやすいことを発見した。

 

‘‘「ローマ帝国、漢文明、マウリア王朝、グプタ帝国だけでなく、メソポタミア帝国など、どんな先進的で高度な文明であっても崩壊した。どんな文明であっても壊れやすくて永久に続かないのだ。」’’

 

過去の事例から、人間と自然の力動説を調べ、文明衰退に最も影響のある要因を特定した。それは、人口、気候、水、農業、エネルギーだ。資源のムダ使いと貧富の差という2つの社会的状況が生まれると、文明は崩壊にむかう。5千年の歴史の中で、文明崩壊の特徴となるのはこの2つの現象だった。

 

現在、経済的に成功していて先進国に身を置いているエリートと、資源の過剰消費に直接関係しているという。

 

「蓄積された余剰が均等に社会全体に分散されるのではなく、エリートによって制御されています。人口の大多数を占める民衆が富を生成しておきながら、エリートからの富はその一部を割り当てられるだけで、自給自足レベルだ。」

 

「技術変化で、資源利用効率を上げることができるが、それはまた、一人当たりの資源消費と資源抽出の規模の両方を上昇させてしまう傾向がある。そのため、有効な政策不在の状態では、消費量の増加は、多くの場合、資源利用効率を高めた分がムダになってしまう。 」

 

過去200年にもわたって農業と工業の生産が増加したが、それで「資源消費が減る」ということはなかった。さまざまなシナリオをモデリングしたが、モテシャリと彼の同僚は、その条件の下で、「密接に今日の世界の現実を反映して...我々は、その崩壊は回避することは困難である。」と結論づけている。

 

「かなり長い間持続するように思われるが、一部のエリートを見ても、エリートは浪費が行き過ぎていて、庶民に飢餓をもたらし、それが社会崩壊の引き金になりうる。このタイプ-Lの崩壊は、労働者の損失ではなく、自然の崩壊の原因と不平等に誘導される飢饉によるものであることに注意することです。」

 

別のシナリオは、継続的な資源開発の役割に焦点を当て、より多くの消耗で、エリートが繁栄している間、庶民の衰退がより速く生じる。しかし、最終的には庶民はエリートに続いて完全に崩壊する。

 

解決策2つ。一つ目は富が平等に分配されるようにすること、そして2つ目に資源負担の軽い再生エネルギーを使い資源消費を減らすこと。これは人口増加を抑制することで消費は抑えられる。

 

たしかに、、。最近は貧富の2極化がすすんでいるように感じる。エリートたちが富を平等に分けてくれたらいいのだが、、。きっとエリート達はそれには反対であるだろう、庶民を支援してくれる力強いリーダーや団体が一致団結してくれたら悲惨な状況は回避できるかもしれませんね。

 

 

 
占い・おまじない スピリチュアル パワーストーン コラム