占い、スピリチュアル、開運情報総合サイト|ファンなび

昔の彼とやり直すための法則|占い、スピリチュアル総合サイト ファンなび

 

アメリカで大ヒットした恋愛指南書「ルールズ」が教える
昔の彼とやり直すための法則

 

 

 今回は「ルールズ」が教える恋愛テクニック「昔の彼とやり直すための法則」についてです。もう別れてしばらくたつけれど、やっぱり彼がよかった。と思う人にはこの恋愛テクニックが効果的に働いてくれるかもしれません。まずこの法則では、ふたりの関係があなたのほうから告白をしデートに誘ったのがはじまりで、彼の方から終わりを告げられたのなら望みはありません。しかし、彼の方から告白してきたけれどあなたが夢中になり毎晩のようにデートをしたり、あるいは同棲して彼のほうが息が詰まってしまった場合は望あり。ということです。

 

まず、はじめに使うのは電話です。

 

彼が絶対に電話に出ないと思われる時間に電話をし留守電を残してみましょう。
「こんにちは。○○です。どうしているかと思って電話しました。こちらの電話番号は☆☆-☆☆−☆☆です。」これだけです。

 

そこで、彼が話したい気持ちになったときに連絡をしてくるという選択肢をあたえてあげます。なぜなら彼は新しい彼女ができたかもしれませんし、もしかしたら結婚しているかもしれません。彼には考える時間も必要ですし、もちろん彼が話したくなかったらかけてくることはないでしょう。

 

もしも、彼から連絡がなかったらこの関係は終わったということです。メッセージを聞いたかどうかという確認をしてはいけません。彼はメッセージを聞いており、考えていると思って待ちましょう。

 

一緒になる運命の人だったら、そうなっていたはず。もしこの時点でかかってこなくても、あなたの運命の人は他にいると信じて新しい人をみつけルールズが教える”恋の法則”を実践し続ける方が前向きです。

 

もしも彼から連絡がきた場合。すぐに彼がヨリを戻そうとしていると捉えてはいけません。彼はただ礼儀で電話をしてきただけかもしれませんから。

 

彼との会話はさわやかに何気ない会話をしてみてください。彼が他に誰かいるかなどというプライベートなことは一切聞かずに、そして10分くらいで早々にきり上げ電話を切ります。

 

この10分の間に彼が誘ってこなければその気がないということですが、もしデートに誘われた場合は、誘われた日から3日間あけて会う約束をしてください。彼と別れたあとも忙しい毎日を送っているということをアピールするためです。

 

彼とのデートをするときは、初めての相手とデートをするのと同じように彼に迎えに来てもらい、おもいっきりおしゃれをしていきましょう。そして、会話は明るく、楽しく。昔の話をもちだし、あの時は反省しているとか彼女ができたのかなど深く詮索してはいけません。最近はどんなことしてるのかなど、一般的な話で終始つらぬき彼に突っ込んだ質問をされても正直に、そしてミステリアスにふるまってください。

 

自分が変わったということを口で言うのではなく、彼と一緒にいるときに態度で示すことが大切。彼が昔恋をした女性に戻ってください。そして、デートはあなたの方からお開きにすること。

 

彼には、「突然元カノから連絡が来たけどどういうつもりなのか?」「ヨリを戻したいのだろうか?」「ただ懐かしく思っているだけなのだろうか?」というふうに思わせておくのです。この時点でまた会いたいと思うのか、思わないのか。答えを知るのはただ一つだけ。彼が電話してくるのかにかかっています。そしてここからがまたスタートになります。

 

以上がルールズによる「昔の彼とやり直すための法則」です。具体的な恋の法則は、「THE RURES-理想の男性と結婚するための35の法則」の“最初の三回のデートでの正しい振るまい方”を参考にしてみてください。最後に著者のエレン・ファインが言っているのは、「焼けぼっくいに火がつくことはありますが、別れた彼に未練が残るという女性に対してアドバイスしたいのは、次にいきましょう!」です。恋の法則は、新しい人の方が使いやすいですからね。

 

 

 

 

 
占い・おまじない スピリチュアル パワーストーン コラム