占い、スピリチュアル、開運情報総合サイトのファンなび

パワーストーン浄化法|占い、スピリチュアル総合サイト ファンなび

 

輝きとパワーをよみがえらせる
パワーストーン浄化法

 

パワーストーンは、身につけたり部屋に飾っておくことで、体や部屋の邪気を吸収してくれるため、だんだんパワーが弱まってしまいます。浄化は石を常に美しく清浄に保ち、パワーを充電させるためのメンテナンス。いつも身につけているアクセサリーなら一週間に一度は浄化するのがおすすめです。

 

 

 

日光浴による浄化
朝の太陽による浄化は、パワーストーンに活発なエネルギーを補充します。午前中の間に10分から30分程度で十分エネルギーが充電されます。太陽光が石に直接当たらなくてもかまいません。日差しの入る明るい窓ぎわに置いておくだけで十分です。気を付けるポイントは、必要以上に光に当てることは劣化の原因になってますのでご注意を。

 

月光浴による浄化
パワーストーンに神秘的なパワーが補充され、より美しさを増すのが月光浴です。時期に決まりはありませんが、新月から満月までの月光浴が適しており、とくに満月の夜は最も効果的です。月光が直接当たらなくても窓際で夜気にふれさせるだけでもかわりになります。

 

水晶による浄化

一番簡単にできる方法。水晶クラスターの上にパワーストーンを置き、水晶の浄化作用で石をリフレッシュさせます。外から帰ってきたら、身に着けていたパワーストーンをクラスターの上に置いておけば自然とエネルギーが回復。クラスターは、お部屋自体も浄化してくれるので一つは持っておくといいですね。

 

 

 

流水による浄化
ミネラルウォーターや水道水でもOK。パワーストーンを手に持って、数十秒間水で洗い流します。水けを切ったらやわらかい布でふくか、日光浴や月光浴で自然乾燥を行いましょう。水に弱いパワーストーンには使えません。

 

塩による浄化
強い邪気を帯びた場合は、塩による浄化を行いましょう。流水による浄化の可能なパワーストーンは、塩水に一晩つけておきます。水が合わないパワーストーンならば、塩を容器に敷き詰めて床をつくりその上に一晩おきます。その後は水で洗い流しやわらかい布で水分を拭き取ってください。石の種類によっては変色などのおそれがあります。アクセサリーなど金属と一緒になっているものには使えません。
*塩による浄化ができない石・・・ターコイズ、ヘマタイト、セレナイト、スギライト、カルサイト、フローライト

 

セージによる浄化

セージは清めのお香として、古くから使われています。乾燥したセージに火をつけ、その煙に数回くぐらせます。お部屋の浄化に加え、ほとんどのパワーストーンに使えます。

 

 

 

 

 

<土に埋める>
どうしてもパワーストーンのくもりがとれなかったり、パワーが回復しないときは、土に埋めるという方法もあります。埋める場所は、日当たりがよく、土自体にエネルギーがありそうな場所がよいでしょう。時間は一昼夜程度で構いません。

 

<植物による浄化>
観葉植物やはななど、生きた植物のそばにパワーストーンを置くと、植物のパワーによって石に生気がよみがえります。また、壊れたパワーストーンを植物の根元に置いておくと、パワーストーンの力で植物に活力がもどります。

 
占い・おまじない スピリチュアル パワーストーン コラム